2017年4月27日木曜日

「Windows自動処理のためのプログラミングガイド」の増補改訂版が発売されます!

2009年6月に発刊された「Windows自動処理のためのプログラミングガイド」の増補改訂版が、5月2日に発刊されます!

前著にて好評いただきました「共通モジュール」をさらにパワーアップしました。ふだんWSHでスクリプトを書いている方には、開発工数を大幅に削減することができます。

また、巻末資料として、WMIのクラス一覧を公開しました。
「WSHでプリンタ情報を取得するためにWMIを利用しようと思うんだけど、どうやればいいんだっけ?」
「そもそも、WMIクラスにはどんなものがあるの?」
といった、WSHのヘビーユーザーにも喉から手が出るほど有用な情報が満載です。

まずは、以下のAMAZONのリンクより、書籍の内容をご確認ください。そして、ぜひともお買い求めいただければ幸いです。

Windows自動処理のためのプログラミングガイド[増補改訂版]

2017年2月18日土曜日

脱稿しました

つい先ほど、年末から執筆させていただいておりました本の執筆を脱稿しました。

今回、久々に楽しんで書かせていただきました。
やはり、自分の得意分野に関することを書くのが、いちばん楽しいです。

内容は、まだ秘密です。
いずれ、ikachiホームページとこのブログで宣伝します。

さて、間髪を入れずに次へうつります。

2017年1月1日日曜日

Windows Liveメールのサポートがもうすぐ切れます

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

さて、件名のとおり、Windows Liveメールのサポートが、2017年1月10日を持って終了となります。
お恥ずかしながら、実は私はついさっき知りました。

Windows Liveメールのサポート終了について、あまり大々的に公表されてはいないようですが、Windows Liveメールを使用されている方、結構いるのではないでしょうか。
メールアプリやブラウザは、ウィルスの感染経路となる非常に重要なアプリです。
なぜ、Microsoftはもっと強く警告を発しないのでしょうか?
昨年のWindows 10の強制アップデートといい、少々お粗末な対応です。

Windows Liveメールは、Windows XPから続くOutlook Expressの代替アプリとして、多くのWindows 7ユーザーが利用されていました。
Windows 10では「メール」アプリが標準でインストールされているとはいえ、Windows 7からWindows 10へアップグレードされた方は、今でもWindows Liveメールを利用されていることでしょう。

サポートが切れてしまえば、もしセキュリティにかかわる重大なバグがあったとしても、放置されることになります。
もし、Windows Liveメールを使用されている場合は、1月10日までに別のメールアプリに乗り換える必要があります。