2012年10月21日日曜日

Windows 8 発売間近!!

10月26日、最新のWindows OSであるWindows 8の発売が開始されます。

今までのWindows OSと違い、タッチパネルによる操作を重視し、パソコン(デスクトップ型・ノート型)に限らずスマートフォンやタブレット型パソコンでの利用に主眼をおいています。
しかも、今までのWindows OSよりも価格が安く、ダウンロード版にいたっては39.99米ドル、日本円にしてたったの約3,200円と非常にリーズナブルです。

マイクロソフト、XP以降に39.99ドルでWindows 8 Pro アップグレードを提供

スマートフォンやタブレット型パソコンにおける市場での出遅れを一気に席巻しようとするMicrosoft社の意気込みが強く表れているといえるでしょう。

Windows OSの強みは、何といってもMicrosoft Officeです。
Microsoft ExcelやMicrosoft Wordは、そのバージョンは違えど、おそらくほとんどの企業で使用されているのではないでしょうか。
そして、それが使えなくなると、大きく業務に支障が出てしまうほどMicrosoft Officeに依存していることでしょう。

iOS(iPhoneやiPadなどで使用されているOS)やAndroidを積極的に業務で利用することを推進している企業は少ないのではないかと思います。
しかし、今後Windows 8の登場によって、スマートフォンやタブレット型パソコンをビジネスの面で活用しようとする企業は増えるのではないでしょうか。

既存のアプリケーションを、キーボードとマウスによる操作からタッチパネルによる操作に主体を置くよう、修正し直す必要があるかもしれませんね。



0 件のコメント:

コメントを投稿