2012年9月21日金曜日

TwitterのCEO、APIについて語る

先日、このブログでも書きましたが、Twitter APIの変更によって関連アプリのほとんどが使えなくなってしまう可能性があります。

Twitter API ver.1.1 バージョンアップについて

これに関し、Twitter社のCEO、Dick Costolo氏からのコメントがありました。
Yahoo!ニュースの記事に掲載されています。

TwitterのCEO、「真のプラットフォーム」の構築を強調--開発者の怒りの声を無視

CEOのいう「真のプラットフォーム」を構築することによって、全世界のツイートにアクセスするためにはTwitter社が提供するUIに絞られてしまいます。
これにより、Twitter社の広告収入は「複数のプラットフォーム」が存在していたときよりも多く得られることになるでしょう。

しかし、今までTwtterの発展に貢献してきた「複数のプラットフォーム」をかんたんに切り捨ててしまうことは、やはり「プラットフォーム」の開発者にとってはかなりの痛手であり、ひどい仕打ちであると私は思います。

共に闘ってきた盟友の手柄を恨んで後ろから刺し殺す。

そのくらい、ひどい話しです。


0 件のコメント:

コメントを投稿