2012年9月22日土曜日

Facebookの終焉?!

「フェイスブックが幕を閉じる日が近づいている」

2012.09.18付でJapan Business Pressに掲載されていた記事のタイトルです。
記事の内容は、こちらです。

http://www.blogger.com/blogger.g?blogID=5593071713677772050#editor/target=post;postID=5635781477897299878

私もFacebookを利用していますが、正直いってかなり飽きてきています。

私がFacebookを利用し始めた理由は、ikachi Softwareのサイトのアクセス数を増やすためです。
Facebookでikachi Softwareのサイトを宣伝し、誘導することが目的だったのですが、ほとんど効果がありませんでした。
もちろん、宣伝の仕方がよくなかったのでしょうが、私はあまりマメな性格ではないので、Facebookにそれほど多くの時間を割く気になれません。
このような姿勢でFacebookを利用していたため、宣伝効果が得られなかったと知ったときにやる気がうせてしまったのです。

「中国、インド、Facebook」などと、Facebook人口は中国とインドに次いで第3位とも揶揄されるほどの爆発的な人気を誇ったSNSでしたが、今、Facebookの発祥国である米国ではその熱が急激に冷めてきているようですね。

実際、Facebook上に掲載した記事を多くの方に読んでもらうには、まずは多くの(Facebook上の)友達を作らなければなりません。
リアルな世界での友達だけでは友達同士のコミュニケーションツールとしての役割だけでしかなく、それだけではFacebookを利用する利点は少ないでしょう。
Facebook上の友達はリアルな世界の友達だけではない方の方が、おそらく多いのではないでしょうか。

自分が掲載した記事をFacebook上のみでの友達に読んでもらうには、それらの友達の記事の「いいね!」ボタンを押すことでしょう。
本当にその記事を読んだかどうかに関わらず、です。

「この人、よく知らないけどいつも私の記事に「いいね!」をしてくれるので、私も今日はこの人の記事に「いいね!」をしておこう」

より多くの人にそう思わせることが、より多くの方に自分の書いた記事を読んでもらうために必要なことなのです。
(いや、「いいね!」をしてもらっただけかもしれません、読んでもらってないかもしれません)

現在では、ikachi SoftwareのFacebookファンページに「いいね!」をしていただいた方は10人を超えることができました。
しかし、このほとんどはFacebook上でikachi Softwareを宣伝したことによって「いいね!」をしていただいた方ではなく、逆にikachi SoftwareのサイトからFacebookaのファンページを見つけて「いいね!」をしてくださった方の方が多いようです。
本末転倒ですね(笑)


0 件のコメント:

コメントを投稿