2012年9月30日日曜日

違法ダウンロードの刑罰化

いよいよ明日(10月1日)より、違法ダウンロードの刑罰化を盛りこんだ著作権法が施行されます。

迫る違法DL刑罰化にネット民不安

さて、それではどんなものが違法ダウンロードになるのでしょうか。
以下、上記のリンク先の記事からの抜粋です。
  • “有料著作物等”とは、有償で提供されている著作物のこと。音楽CD、映画やアニメのDVD、さらにネット上で有料配信されている音楽・映像が当てはまる。しかし、ソフト化される予定のないテレビ番組などは“有料著作物”には当たらない
  • 違法にアップされた動画をYouTubeなどで閲覧するだけなら違法にならないが、それをファイルとしてダウンロードすると違法となる。動画再生時のキャッシュは違法ではない
  • メールに添付された違法複製ファイルをダウンロードしても違法ではない
  • 画像ファイルのダウンロード、テキストデータのコピー&ペーストは“録音・録画”に当てはならないので刑罰の対象とはならない
なんとなく理解はできるのですが、リンク先の記事にもあるように、何をすれば法に触れるのかがいまいちあいまいです。

たとえば、パソコンに取り込まなくてもDropboxやSkyDriveのようなクラウドサービスにコンテンツを保存するのは違法なのか合法なのか。
クラウドサービスにファイルを保存することはダウンロードとはいいませんが、この法律が制定された目的を考えると、違法になってしまうかもしれません。

また、「録音・録画」されるコンテンツのみが対象となるので、画像ファイルとして端末に取り込まれるマンガは違法にならないようです。
海外サイトには、多くのマンガが無料でダウンロードできる状態になっているにも関わらず、です。

さらに1つ疑問なのが、どうやってそれらの違法ダウンロードを検知するのでしょうか。
違法ダウンロードが可能なサイト(違法サイト)へのアクセス履歴を調べ、有償コンテンツをダウンロードした閲覧者を摘発するのでしょうか。
本来なら、違法サイトの存在自体が問題のはずです。
違法サイトの多くが海外にあることを考えると、サイトを閉鎖させたり有償コンテンツを削除させたりするのが難しいのかもしれませんが。

それと、「いつ、どこで、誰が、どんなサイトをみていたか」というアクセス解析データを、犯罪防止の目的で収集されてしまうというのは、あまり気持ちのいいものではありませんね。


0 件のコメント:

コメントを投稿